essay, ジュエリー・ジュエリー作家

ハンドメイド作家のなり方

つまり、自分で「私はハンドメイド作家です」と言ってしまえばいいわけです

そこには何も資格や保証はありません。いや、探せばあります。

箔をつけるために、そういうのを探してきて取得するのもありだとは思います。

履歴書に書けるものは、持っていて困るものではありません。

しかしそこでも、「私は○○という信頼できる協会の○○というちゃんとした資格を持っているハンドメイド作家です」と、

自分で言うという事に変わりはありません。

なんだ、めっちゃ簡単じゃん

と思うか、

まじか…めっちゃ大変じゃん

と思うか。

それもあなた次第ですが、私は両方だと思います。

言ったもん勝ち、だれでもなれるものだからこそ、認められ成功するには磨かなければいけない技術があります。

多くの人に、素敵☆ほしい!と思ってもらえること。

それが左右します。

「私なんてまだまだです」という言葉を、

謙遜と取る人も、自信のないやつと取る人もいるでしょう。

誰も保証してくれない、何の後ろ盾もない、全部自分の責任

だからこそ

自由にできるし、おもしろい。

ものづくりで生きていく!と決めたとき、

私はまず、自分の名刺を作りました。

ブランド名も肩書も自分で決めた名刺です。

自称するのに、なんのルールもありません。

年商いくら以上なら、ネットショップを何個持っていたら、イベントに何回参加したら、何個売れたら、

これができたら、あれができたら…そんな取り決めはありません。

でも、名刺があると、少し自信が付きます。

覚悟が決まるともいえますね。

一種の自己暗示です。宣言みたいなものです。

「よし。これで私は今日からハンドメイド作家だ!」と。

自信をつけるために、自分が必要と思う事はなんでもやればいいと思います。

「○○もなくて、作家ですなんていってんの?」とか言ってくる人はたくさんいます。

それにいちいち反応していたらきりがありません。

「私は○○を持っていなくても、お陰様で作家をやれているんですよ。ありがたいことです。」

と言いましょう。

あなたがなりたいなら、あなたは今日からハンドメイド作家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA