不動産投資の営業電話がきた!投資案件に惑わされない|金融リテラシーを上げて確実にお金持ちになろう

お金のこと

こんにちは。大人かわいい動物ジュエリー作家のさちこです。

さっき不動産投資の営業電話がかかってきました。

もちろん、その話に乗っかる事もなく、

冷静に受け答えして、相手も納得したうえで、電話を終わらせました。

さちこ
さちこ

私には必要ないです

と、自分も悩まずに、はっきり言えた事。

相手に理由を説明できたことで、

数年前に比べて金融リテラシーが身についてきたな♪と思えて

なんだか楽しかったので、書いてみます。

 

営業マンとの会話

見覚えのない番号からの着信。

仕事の電話である可能性もあるので、一応出ます。

すると、ザ・営業というフレンドリーで丁寧な口調の男性。

 

営業マン『お時間よろしいですか?』

まだ内容が分からないので、『なんでしょうか』 と先を促します。

すると、やはり、投資の営業でした。

ちょうど無印の 辛くない グリーンカレー を温めているところだったので

会話を続けてみます。

営業マン『将来の保証とか、ご準備されていますか?』

私 『お陰様で私はしっかりできていますので、大丈夫です。』

営業マン『え?そうなんですか。ちなみにどんなことをされているんですか。』

私 『米国株です。』

営業マン『え!すごいですね!僕、全然わからないので勉強しようと思っているんです。』

私 『ぜひ。』

↑本心から言う。そしてFIREしてくれと。

FIREを読んで|経済的自由のために活用できる3つの投資ルール
こんにちは。千田紗知子です。 FIRE(ファイアー)って聞いたことありますか。 これはFinancial Independence, Retire Earlyの略で、 生活に必要な不労所得を得ることで経済的に自立し、 ...

営業マン『他の投資にはご興味ないですか。』

私 『はい。投資は手数料のかからないものにしています。○○さんが電話を掛けてきている時点で、その投資をしたら○○さんのお給料も払う事になるので、興味はないです。』

営業マン『えっと…』

私 『〇〇さんの紹介されている商品は、保険ですか?』

営業マン『いえ!不動産投資です。』

私 『あ~不動産ですか。私には知識がないので、不動産はやりません。知識がないものに投資はしないことにしているんです。』

営業マン『一緒に学んでいきませんか?』

私 『いえ、今、最適解(米国株長期投資)を実行できているので、結構です』

営業マン『ちなみに、株式投資はご自分のお金でやられていますよね』

私 『はい』

営業マン『この投資は、人のお金でできるんです!』

私 『なおさら、嫌ですw』

どうも、低金利時代と言われている今、社会的信用を使いお金を借りて不動産を買い、その家賃収入を返済と儲けにするという内容の様でした。

一見、手持ちの資金のない人にも、チャンスが訪れたような内容です。

金融リテラシーの低いころの、

投資というものに漠然と興味があり、何かないかと探している鴨葱だった、あの頃の私なら、『もっと詳しくお願いしますっ』と言っていたかもしれませんw

今、低金利時代なので、社会的信用を使い、銀行からお金を借りて…

となった時点で、

私 『私は自営業なので、社会的信用は皆無ですw』

これが決定打となり、あきらめたようで、温和に電話を切ることができました。

sora
sora

自営業強いw

営業マン『そうなんですか。ちなみにどんな事やられているんですか。』

私 『ハンドメイドです。』

 

うんぬんかんぬん。

 

営業マン『ではまた何か機会がありましたら、よろしくお願いいたします。』

私 『はい、失礼します』

 

ちょうどグリーンカレーが温まりました。

 

投資は主体的に

まずは、投資案件やその知識は主体的に取りに行きたいです。

掛かってきた営業の電話で投資を始めることは、まずありません。

主な理由は2つ

手数料は最小限に抑える

営業というのは仕事をとる事でお金を儲けているので、基本的には、客が儲かろうが失敗しようが関係ないのです。

そして、営業マンがいるという事は、十中八九その人のお給料も客である私たちが払う事になります。

手数料は最小限に抑える これは鉄則。

熟知したものにのみ投資する

そして、自分が知らないものに大事なお金を払ってはいけません。

この場合、社会的信用を使い、低金利時代の今だからこそお金を借りて、投資をするということなので、賢い方法に思えます。

でも、お金を払う先が、自分には知識のない分野であり、

自分から取りに行った情報ではなく、営業マンが持ってきたものであり、

たぶん、どんな物件を買うか、誰に貸すかなども、お任せのブラックボックス。

それに、いくら低金利であろうと、銀行から借りる時点で負債です。

  • 自分でコントロールができない、ブラックボックスへ、
  • 手数料を払って
  • 銀行から借りたお金を投資する。

もう、ギャンブルです。

 

鴨葱にならないこと

自分が熟知して、確実に儲かると思うものなら、銀行から借りるのも一つの方法だとは思います。

ビジネスの場合、特に始めは銀行からの借り入れで動き出すことは多いでしょう。

でも、です。

道であった知らない人に、

『ねーねー、10万預けてくれたら、20万にして返すよ、ないなら友達に借りて来ればいいじゃん。』

と言われて、『え、まじ?借りてくるわ~』ってなりませんよねw

投資に興味が出てきて、でもまだ知識がない時って、

こういう話に乗ってしまいそうになる。

私も、以前こんな感じの不動産投資の資料を取り寄せた過去がありますw

それはそれはキレイで立派な資料が送られてきました。

この資料に乗っかれば、何もしなくてもお金持ちになれるかもと思わせるようなものでした。

幸い、社会的地位のない私は、乗っかることができなかったので、よかったです。

sora
sora

自営業最高w

 

時間を味方に付ければ最適解はある

投資なんて全部ギャンブルじゃないかと思うかもしれませんが、そうでもありません。

自分でちゃんと勉強して、経済的自由を手に入れたいと思ったならば、

バビロンの大富豪と、ウォーレン・バフェットさんの書籍を読んで

米国株の長期投資を、少しづつ始めましょう。

 ←お金とのつき合い方の基本
 ←投資の神様 コーラ好き

時間を味方に付ければ、ちゃんとお金がお金を運んでくれる仕組みがあります。

そしてそれは、今すぐに、誰にでも始められる方法です。

収入の10%を自分のためにとっておき、財布を太らせて、不滅口座を育て、

それと同時に、生活防衛資金を貯めていき、保険を解約しましょう。

 

お金のことを勉強するには、おすすめです。筆者はお金の自由を手に入れているので、営業マンのように、私たちからお金をもらう必要がありません。両学長のYoutubeもおすすめです。

 

 

ちなみに私の最適解は、これです。

資金が溜まってきたら、S&P500VOOを中心に、

ドルコスト平均法で毎月コツコツ買い増していきます。

配当金再投資で、加速させます。

短時間で倍になるとか、そういうものではありませんが、

20年、30年という時間を掛けて、確実に企業と一緒に成長していく投資です。

バフェットさんが、『自分がなくなった後はこれに投資しなさい』と、奥さんに伝えている投資先です。

sora
sora

米国株長期投資については他のブログでも書いてますので、良かったら見てください♪

 

また沢山のブロガーさんたちが米国株長期投資について書いていくれています。こちらも同じように投資をしている同士として、先輩として参考になります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 ←こちらから見てみてください。

 

経済的自立は人生を豊かにする

 

社会的地位のないハンドメイド作家こそ、

収入が不安定なハンドメイド作家こそ、

自分でお金との付き合い方を学んで、身に付けて、経済的自由を手にいれて、

これからもずーっと、やりたいことだけして生きていきましょう☆

 

自営業ハンドメイド作家がインデックス投資に出会い金融リテラシーを向上するまでの巻
こんにちは。千田紗知子です。 今日は、「不労所得が欲しいよね~」とニートのような発言をパートナーにこぼしたことから始まった、私の金融リテラシー向上のお話しを書いてみたいと思います。 お金に意識を向けること、そしてちゃんと調べて、...

 

投資は自己責任で。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました