作家自営業の大切なこと3つ 何から手を付ければいいか分からなくなった時に

ジュエリー・ジュエリー作家

こんにちは。

ジュエリーアーティストの千田紗知子です。

やりたいことが沢山ありすぎて、何からやればいいのか分からなくなってしまったので

私の師匠に、コンサルをお願いしてきました。

その内容はジュエリー作家だけでなく、

自営業や作家にとって大事だなと感じたので、

今日はその「コンサル受けましたレポート」を書いてみます。

誰かと話すことで再確認する一番大切なこと

コンセプト~どういう人と一緒に、何をしていきたいのか~

お久しぶりの挨拶も早々に、本題の話を始めてしまったのですが、

具体的に何をしたらいいのかを教えてもらう気満々だったのに、

コンセプトの話に。

でも、何となく予感はありました。

「あぁ、そうか。やっぱりそこなんだよね」と思い知る感じでした。

コンセプトが自分の中で明確になっていないと、

雑多なやらなきゃいけないことに追われて、

自分でも何のためにやっているのか分からなくなり、

沢山の同じような職業の中で、埋もれてしまいます。

同じ商品でも、「あなたから買いたい」と思われるためには

やはり自分の中にぶれないコンセプトをしっかり持っていることが必要なんですね。

こういう感じですとまたぽわ~んとお伝えすると、

「それをお客さまに伝えていますか?」と聞かれました。

う~ん、伝えられていません…。

持っているだけじゃだめで、それを伝えていかないといけない。

私もコンセプトは持っているつもりなんですが、何となくぽわ~んとしている上に、

伝えるという事をちゃんとできていませんでした。

今なんでこれをしているかというと、こういうコンセプトがあるからだよ、と

自分でも分かっていないとダメで、

お客さまにもちゃんと伝えていかないと埋もれてしまいます。

完璧を待っていては、いつまでも始められない

これも常に思っていることのはずなのに…完璧を目指そうとしてしまいます…

でも大切なのは、完璧な準備ではなく

今、目の前のひとりに、どう貢献できるか

 

新しいことを始めたい、そして人の役に立ちたい♪と思っても、

じゃあ教室を作ろう、プログラムを作ろう、材料をそろえて、…となりがちですが

そっちから始めるといつまでたっても始められなかったりします。

相手(お客さま)が何を必要としているのかが、手探りになるから。

あるいは、独りよがりになってしまうかも…

だから集客も大変になります。

でも、

今、目の前にいるひとりの人に対して、貢献できることは何かを考え、やる。

今、自分のできることを精一杯やる。

これが次に繋がっていく最短の道なんでしょう。

えい!と踏み出すと、確実に見える世界が変わります。

そうすると、あれもできる、これもしよう!という事が見えてきます。

done is better than perfect 

分かっているんですけどね…

これは紙に書いて目につくところにペタペタ貼っておこう!

勉強ばかりしてても先には進めない

自分の力にしていくためには、インプットとアウトプットを繰り返すことが大切

これも知っていたことw

知ってるのにできてないのは、あたまでっかちんになっている証拠ですね^^;。

不安感から行動できずに、なかなかアウトプットもできていませんでした。

今は、更に勉強をしていくよりも、もっとアウトプットをしていこうと思います。

もちろん勉強も大切ですが、

アウトプットをすることで更に整理されて、使える情報になっていくはず。

具体的には、誰かに話したり、ブログに書いたり。

あの人のためにアウトプットすることで見えてくる次のステップ

ブログを書くなら、大勢に向けてというよりは、特定の、あの人のために書く。

例えばこの記事なら、

夢があるけど、何からやればいいのか分からなくなっている人に届けるように書く。

あるいは私のようにあたまでっかちんになって動けなくなっているあなたに。

そして、あの人のために!という形でアウトプットすると、

「あの人」から反応が返ってきたりします。

それが次のステップのヒントになっていくのです。

「あの人」から反応に応えられるように、勉強をすればいいのです。

コンサルで明確になった、今やるべきこと~まとめ~

  1. コンセプトや理念、ふつふつとしたスピリッツを再確認する
  2. 目の前のひとりことを全力で応援する
  3. 今はインプットよりもアウトプットに力を入れること

やっぱり話を聞いてもらってよかったです。

大樹を目指していると、ついその枝ぶりや葉っぱの多さ、花の数や色に意識が向いてしまいます。

でも沢山の枝やきれいな葉や花をつけるには、

その中に隠れて見えないしっかりした幹が必要なんですよね。

私も日々やるべきことが多くて、つい幹のことを忘れてしまい、

悶々として動けずにいたので、とりあえずはすっきりしました☆

コンサルを受ける意味

コンサルタントやセミナーは沢山あります。

ネットでも情報収集できる今、興味はあっても実際にコンサルを受けるのを悩む人も多いと思います。

でも、やはり一人でもんもんとしていると、どこにエネルギーを向ければいいのかわからず

結局何もできない、もどかしい時間ばかりが流れてしまいます。

どっかで読んだことがあるのですが、

すっごく悩んで答えを出してもその答えが正解だった確率って50%くらいらしい。

悩んでも悩まなくても、正解率が変わらないなら

悩む時間が無駄なので、悩まないほうがいいw

何事も、とりあえずやってみないとわからないよ~という事ですよね。

それは、わかっていても、動けないっ…そんな時には誰かに聞いてもらうのが一番☆

「自分より少し先を行く誰か」がベストです。

私も、何かこう、熱い想いはあるのですが

どう形にしていけばいいのかがわからず

すでに形にされているさやかさんにコンサルをお願いしました。

その熱い想いについては、また別の記事に書きたいと思います。

また当事者だからこそ見えないこともあるはず。

A fresh eye never hurts です。

今回コンサルを受けてくださった田口さやかさんは、

ハンドメイド作家のためのブログやセミナーもやっています。

興味があったら覗いてみて下さい♪

田口さやかさんのてしごとカフェプレミアム

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました