英語

映画で英会話 シーンピックアップ02  for what happen.

今日も英語だからこそ面白いセリフをピックアップしていきたいと思います♪

映画はおなじみの YOU GOT MAIL から。

シーンは開始から約1:16頃。シーンピックアップ01の直前のシーンです。

メル友だっためぐライン演じるShopgirlに会いに行ったら、

なんと!

自分が巨大ディスカウント本屋をすぐ近くに出店したせいで倒産した小さい子供用本屋さんの店主、キャサリンキャリーだった!

トムハンクス演じるジョーは、、待ち合わせ相手のメル友であることは明かさずに、

商売敵としてたまたまそこに行った体でキャサリンキャリーと話をします。

そこで口喧嘩をし、お互いに気分は最悪~って状態で帰宅後に、キャサリンキャリーからなぜ来なかったかについて問うメールが届いています。

たまたま商売敵に会い、今までは嫌な相手に言い返すことができなかったけど、言い返すことができた。

でも、あなたの言っていた通り、いい気分とは程遠い気分になったわ。という後悔の内容でした。

自分も傷ついていたジョーは、彼女の気持ちを知り、待ち合わせに現れなかったメル友として、メールを書きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dear friend

I  can not tell  you  what happen last night.

But I beg you from the bottom of my heart to forgive me

for not being there.  そこにいなかったことを。

ジョーはこの最後の文↑を↓のように書き直します。

for what happened. 何が起こったかを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翻訳だと、

昨日何があったのかは言えない。

だけど、いけなかったことを許してほしい。

悪かった。

みたいに訳されていたと思います。

ちがうちがう、英語ではもっと深いんです!

ジョーは待ち合わせをすっぽかしたことを謝ったのではなく、

自分(NY152)が行かないことで起こった、または自分(ジョーフォックス)が行ったことで起こった、

すべてのことについて許してほしいと言い直しています。

彼女が商売敵にひどい態度をとり、自己嫌悪に陥った、そのことも含めたすべてを。

男気を感じずにはいられません。

I beg you to forgive me for what happen.

forgive me for ~と最後に許してほしい内容が来る英文だからこそのくだりなんですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA