essay, 哲学

NewEarthを読んでからプレステのゲームにより真実を見るの巻

こんにちは。ジュエリーアーティストの紗知子です。

先日、ナイトオブアース(彼を訳あってこう呼ぶことにしました)の家でプレイステーションのゲームを体験し、思うことがあったので書いてみます。

元々ロールプレイングゲームはあまり興味がなく、やったこともなく生きてきました。

いや一度やったのですが、同じ部屋の中を上下に微妙に揺れながらひたすらうろうろし、何がおもしろいのかわからずに終わりました笑

ナイトオブアースはゲームの面白さを伝えようと色々説明してくれます。

どうやって遊ぶのか。

まず始める前に、キャラを選ぶ。

そして最初にもらえるポイントで買える、いろんな能力を選ぶ。

その最初の能力により、得意なことや、運などが分かれてくる。

その能力によって簡単にできることや、できないことが決まる。

ゲームをやっていく中で経験値を上げると、それぞれの能力も向上していく。

ステージのようなものはなく、そのゲーム空間の中で何をしてもよい。

ふむふむ。。。

私はここである思いを抱きます。

それでは、リアルなライフと同じではないのか!と。

 

New Earthの中でも輪廻転生について書かれていますが、ほぼ上記の説明と同じことを言っています。

生まれる前の、キャラ選びと能力設定の記憶はもちろん私たちにはありませんが。(それについて書かれている書籍などは沢山ありますね)

今回はここを成長させよう!とアドバイザー(いるなら)と相談して、

キャラや生まれる場所、能力、親などを選ぶ。

その最初の能力により、得意なことや、運などが分かれてくる。

その能力によって簡単にできることや、できないことが決まる。

経験値を上げると、それぞれの能力も向上していく。

ステージのようなものはなく、そのゲーム空間の中で何をしてもよい。

そして最後に、「ああ、クリアできなかった。もう一回。」とか

「よし!レベルアップしたぞ。次のステージだ!」となる。

ね、一緒じゃないですか。

 

人生はやり直せないけど、ゲームはやり直せるじゃないか、と言われそうですが、

プレイヤーの能力を込みで考えると全く同じゲームをプレイすることは、ゲームでもできません。

 

そんなことを思いながら、ゲームを始めると最新のCGの技術の高さに圧倒されました。

めちゃめちゃきれいで、リアル。

ナイトオブアースのサポートもあって、今回は何とかゲームを進めていけました。

1シーンが終わったときに、今行ったゲームの分岐のマップが出てきました。

ゲーム内をうろうろするとマークが出てくるのですが、そのマークが示す通りに、

本を読んでみたり、箱を開けてみたり、誰かに話しかけてみたりすると、

ヒントやアイテムをGETできます。そして、それにより次の分岐点で開ける選択肢が増えたりします。

例えば話しかける相手の悩み事を知り、心を開いてもらえたりするのです。

その分岐と開けた選択肢、開けなかった選択肢、選ばなかった選択肢の先に他の選択肢があったり…と

それを分岐マップとして見ることができました。

すごーい。まさに、リアルなライフと同じです。真実を見た感じがしましたw

まぁ、リアルなライフでは分岐マップは見れません。

選ばなかった先にいくつの分岐があるのかは知る由もありません。

もしかしたら死んだ後に、アドバイザーと一緒に見れるシステムかもしれませんね。

 

でも、人生ってこういうものなんだよ。というのをゲームで再確認した感覚でした。

 

ま、そのゲームを作っているのは私たち人間なので、当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

潜在意識で知っているから、こういったゲームが作られて、

多くの人が惹きつけられるのかもしれないですね。(もう、やってるからね♪)

 

話はここで終わりではありません。

ポイントは、このゲームがリアルなライフと同じだとするなら、

リアルなライフにもプレイヤーがいるはずだという事です。

私たちの人生のキャラ設定や能力を選ぶところから、ゲームを楽しんでいるプレイヤー。

それが本当の私たちという事でしょう。

人生楽しんだもの勝ちですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA