essay, 手帳・時間管理

手帳「何もしない日」のススメ~予期せぬことも含めてプランニングしよう

先日、民泊のゲストさんとの会話で、改めて大切だなぁと感じたので書きます。

カリフォルニアからの彼は初めから、自分をもっと良くするためにこの旅で色々学びたい というようなことを言っていました。

 

私がミネストローネの夕飯を食べようとしていたところへ、

レトルトのミネストローネを買って彼が帰ってきて、

ラウンジで一緒にミネストローネを食べながら話をしました笑

 

彼は「日々進歩していくことだけが幸せにつながる」

そして「自分が決めたことを途中でやめてしまう事の多い自分自身を変えなければいけない」と考えていました。

「だから自分はダメなんだ」というような気持ちも入っているみたいでした。

勤勉でルールを守る日本に来た理由がわかりますが、

不幸な運命で(?)私の民泊に泊まってしまったわけです。笑

 

ここで彼が見落としていたのは、

今の自分が未来に起こることすべてを知っているわけではないという事

です。

私たちはもちろんプランニングするときにベストだと思う方法で、計画を立てます。

その時のコツは、予期せぬことが起こるという事もちゃんと計画に入れるという事です。

 

例えば私の大好きな、「何もしない日」。

「lazy Day」 でも「追加の1日」、「好きなことをする日」でもいいですね。

この日は何も計画を立てません。この日一日何もしなくても良いように他の日の計画を立てるのです。

(忙しい時期には1日取るのが難しいけど、できるだけ作るようにし、1日が難しければ、数時間でも入れると違います。)

 

この日は朝から自分がしたいことだけをするのです。

何と素敵な時間でしょうか。

できるだけ自分のためだけに時間を使いましょう。

 

そもそも飽きっぽい私は、明日じぶんの興味がそこにあるかは不明です。

日々新しいことを学び成長しているなら、計画を立てたときの自分より明らかに多くを知り発展しているはずです。

今日の自分は昨日の自分より、確実に成長しています。

明らかにより良いアイディアや、やったほうが良い事柄や、やらなくても良いと判断するタスクも出てくるはず。

だからこそ、タスクリストは毎日書き、計画は日々見直し、柔軟であるべきだと思います。

 

そしてこの「何もしない日」を計画に入れると、

「だから自分はダメなんだ」という気持ちもなくなっていきます。

 

過去の自分より、今の自分を信用しましょう☆

それを実行するためにも、最低限の第1領域はしっかり押さえ、第2領域もリストアップしておくと良いです。

※第1領域:緊急だし重要なこと ※第2領域:緊急でないけど重要なこと

 

図らずもラウンジで寛いでいるときに、こんな内容の話になりましたが

彼にとっては、パラダイムシフトになったようでした。

彼が何かを探し求めていたからこそ、この会話ができたのだと思います。

私も英語で伝えるという難易度の高い挑戦ができてよかったです笑。

 

PS

今回の彼との会話の中で、私の気づきとしては、

だからこそ、価値観を再確認するという事が大切なんだ、という事。

状況は変わり、ベストな方法もどんどん変わって行く中で、

自分が幸せで成功していくためには

コンパスが必要ですからね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA